メニューを閉じる

.

トップへ



メニューを閉じる

  • TEL
  • PASS

浴室リフォーム工事

2016年7月25日 カテゴリー:

今回の工事は浴室のリフォーム工事です。
全体の流れとしては、解体→仕込み→ユニットバス基礎→養生期間→ユニットバス設置→大工工事→内装工事→仕上げ、となっています。
今回採用したユニットバスはCHOFUさんのシステムバス(ユメリア)のBBWシリーズです。
グレードがD、M、Sと三つに分かれてまして、今回はMグレードの1坪サイズを設置する事に。
詳しくはユニットバス設置時に記載させて頂きます(’∀’)

では、早速、解体工事に入っていきます!

201502271505189416
201502271505364116
施工前の浴室の様子です。
大きな窓が特徴的な浴室でした。
広さは0.75坪で、リフォーム後は1坪に広くなります。

20150227151054225
広めの脱衣場です。
お風呂が0.75坪から1坪へ大きくなる分、脱衣場は少し狭くなります。

仮設のお風呂と洗面を取り付け、浴室、脱衣場のものを出したら解体に取り掛かります。

201502271514463317
201502271514589459
解体の様子です。
壁や下地をはがし、お風呂を解体した後、浴室と脱衣場を隔てていた柱などを撤去していきます。

201502271628212709
解体終了後です。
2日間かけての解体作業でした。
次は配管を仕込んでいきます。

仕込みに移っていきます。
換気口→給排水管の配管→システムバスの基礎打設の流れで工程は移っていきます。

換気口から仕込んでいきます。

201502271635086852
換気口は3ヵ所あけます。
窓側に1つ、入口側に1つ、その向かい側の壁に1つです。
換気扇のダクトを引っ張っていきます。
今回の脱衣場には窓がなかったので、換気扇を付ける事になりました。
当然浴室にも付きますので、計2ヵ所!
浴室、脱衣場2本引っ張ります。

201502271636354258
給排水管の配管をしていきます。
給水の必要なところは、浴室・洗面・洗濯の3ヵ所。
同時に排水管は、浴室内2つ・洗面・洗濯の4ヵ所。
以上の箇所に給排水管をに配管していきます!

給水管は仕上がりの床の高さと洗面、洗濯、浴室の水栓の配置を考えて位置を決めていきます。
排水も給水と同じく、床の高さと配置を確認しながら配管を仕込んでいきます。

配管し終えると今度は配管の検査を行います。
機械で空気を送り込み圧力をかけます。
水圧機では測れない微量な漏れを空圧検査により発見する事ができます。
一本一本の配管を確実にチェックしていきます。

201502271642497452
次にシステムバスの基礎を打っていきます。
型枠をはめ、鉄筋を入れています。
良く見ないと解らないのですが、鉄筋は表面の強度を保つ為だけでなく、基礎にしっかり合わせ更に強くなるようにしています。
そこにモルタルを流し込み、均して少し乾いたらまた均して整えていきます。 
同様にに給湯機の台も打ってしまいます。
しっかり養生させ、乾けば基礎は完成ですヾ(´∀`)ノ

201502271644221367
脱衣場側にクラッシャーを敷き、これで仕込み完了です(^◇^)
4日間の養生期間を終えたらいよいよシステムバス設置工事ですが、
その前に大工さんに入って頂き、柱と土台の補修をしてもらいます!
お楽しみに~(゜∀゜)ノシ